東京2020で
働くこと。
それは、

世界最大級のスポーツイベントを内側からつくる仕事。
トップアスリートの活躍の舞台を、企画し演出していく仕事。
安全で安心な大会オペレーションを緻密に整えていく仕事。
世界中、日本中の人々に、思う存分熱狂してもらう仕事…。

つまり、職員一人ひとりが“自己ベスト”なパフォーマンスを発揮して、
ボランティア、関連自治体、パートナー企業、メディアなど、
多様なステークホルダーと力を合わせ、汗を流し、知恵を絞り、
東京2020を史上最高の大会に導いていくこと。

その仕事は、競技記録に残ることはないけれど、
オリンピック・パラリンピックの歴史の1ページには、しっかりと刻まれる。

東京2020で働くこと。それは、
自身の未来・キャリアにとって、とても大きな機会。

さあ、ともに創りあげよう。
東京2020組織委員会 職員募集

グラデーション画像
競技場イメージ画像