勤務地、
東京2020。

世界最大級のスポーツイベントを内側からつくる。安全で安心な大会にする。世界中、日本中の人々に、思う存分熱狂してもらう。こんな仕事、めったにない。

職員一人ひとりが“自己ベスト”のパフォーマンスを発揮して、ボランティア、関連自治体、パートナー企業、メディアなど、多様な関係者と力を合わせ、東京2020を史上最高の大会へと導こう。

勤務地、
東京2020。
さあ、
ともに創りあげよう。

勤務地は、10のエリア

東京2020で働く。それは、競技会場だけではなく、空港やホテルなどの施設、選手村・国際放送センター・輸送拠点などの非競技会場とさまざまな場所が勤務地になります。エリアとしては東京を中心に、競技会場等がある神奈川・千葉・埼玉・札幌・仙台・福島・鹿島・山梨・静岡など10のエリアにわけられます。

仕事は、9つの分野

大会時の仕事は大きく9つの分野に分かれます。これまでのご経験や希望する仕事分野をもとに、選考の中で具体的な仕事内容を決定します。

競技会場運営

安心で安全な競技運営を行うために、様々な関係者と調整をする仕事です。

選手村運営

選手村で、施設管理、ゲストバス管理、サービス(食事/清掃など)提供、輸送などを担う仕事です。

トランスポート

大会関係者や観客が円滑に移動できるよう、オペレーションする仕事です。

国際
コミュニケーション

英語を生かして訪日関係者との調整役を担う仕事や、多言語にて大会情報を世界へ発信する仕事です。

メディカル

競技会場などで、アスリートや観客への医療サービスを行う医師のサポートを担う仕事です。

IT・
テクノロジー

大会運営を支えるIT・テクノロジー機器の運営を担う仕事です。

会場・施設管理

施工業者とともに、会場の案内板やデザイン装飾の設置・維持・撤去まで責任をもっていただく仕事です。

バックオフィス

会場・拠点での業務サポートや、本部での経費処理・勤怠処理などを担う仕事です。

マネジメント

会場における部門責任者として、各分野の業務を取り仕切る仕事です。

時間帯は、さまざま

大会期間中は、規則的なスケジュールが存在しません。競技の開始時間が朝5時だったり、選手村や国際放送センターは24時間稼働していたりと、早朝・深夜とさまざまな時間に多くの人たちが変則的に支えあって働くことになります。これから参加いただく方の多くも、ある日は早朝から、ある日は深夜からと決まった時間帯でない働き方になると思います。すべてのアスリートが安心、安全に最高のパフォーマンスを発揮できるよう、万全の準備を運営する。それが、世界にポジティブな変革をもたらすと考えています。

私たちの仕事は、競技記録に残ることはないけれど、オリンピック・パラリンピックの歴史の1ページには、しっかりと刻まれる。東京2020で働くこと。それは、あなたの未来にとって、とても大きな機会になるはずだ。

さあ、いますぐ応募しよう。

募集要項

雇用形態 契約職員
雇用期間 2020年4月~6月開始、2020年8月~9月終了
※ポジションによって異なります。
試用期間 3か月(期間中の待遇変更なし)
勤務時間 シフト制(以下いずれかより選択、休憩:12:00~13:00)
・8:00~16:45
・8:30~17:15
・9:00~17:45
・9:30~18:15
・10:00~18:45
※業務内容に応じて上記以外のシフト勤務が発生する場合あり
※2020年7月以降は別途シフト策定(24時間交替制の場合あり)
休日 ・2020年6月まで:土曜日、日曜日、国民の休日
・2020年7月以降:4週間ごとに4日以上(交代制)
※その他特別休暇なし
有給休暇 なし
給与 月額235,800円~
※ご経験、スキルを考慮し、個別に設定させて頂きます。
※上記金額より税金などを差し引いて支給します。
※支払いは翌月払いとなります。
昇給・賞与 なし
諸手当 通勤手当、時間外労働手当、休日労働手当、深夜業手当
保険 雇用保険、労災保険
応募条件 ・日本国籍または、活動内容に応じた在留資格を有する方
選考フロー 書類選考後、面接に進んでいただく方へのみメールにてご連絡いたします
(2020年5月頃まで順次選考を行うため、ご連絡までお時間のかかる場合があります)